2019年 図録

ギャラリー楓では4回目の坂元桂介展、好評のうちに終了しました。 お出でくださった皆様、ありがとうございました! さて2019年の企画展2本の図録を制作しました。 島田真平展と坂元桂介展、画像をUPします。 そして本日、この2冊をブックカフェオレンジ「橙書店」に置いてもらう事ができましたので、今後とも手に取ってご覧いただき、購入する事ができますことを報告致します。 …

続きを読む

坂元桂介展、開催中です。

静かで暖かな力強い表現、さすがです。 会場風景をUPします。 坂元桂介展は今週末の日曜日12/15まで。 皆様のお出でをお待ちしています。               

続きを読む

坂元桂介 木版画展 はじまります。

島田真平展は日々楽しく過ぎ、ぶじ終了致しました。 お出で頂いた皆様、まことにありがとうございました! そして、今週末より坂元桂介木版画展がはじまります。 今回のテーマは『何も捨てない』です。 会期 12/7(土)~ 15(日)会期中無休 時間 11:00AM~6:00PM 作家在廊日は、土・日・水 となっております。 また、坂元桂介展 『夢とまことの間』…

続きを読む

火曜日、作家在廊時間についてのお知らせ

島田真平展がはじまり、楓の中は色と光があふれています! 土日が終わり次の在廊日は火曜日ですが、島田さんの在廊は午後3時からとなりましたのでお知らせします。 島田さんの作品、圧倒的に美しいです。 そして制作の過程を教えてもらうと、本当に綿密で大変で驚いてしまいます! 島田さんの言葉 『イメージより技術の方から作品を発想をしま…

続きを読む

今週の土曜日 11/23より

島田真平展、はじまります! 会期は 12/1日曜日まで 11:00am~6:00pm、お休みはありません。 作家在廊日は、土 日 火 水。 島田さんから届いた作品リストを見ると 『core』『雨粒』『発芽』など不思議な名前が並んでおり、私も早くそれらの作品を見たくてたまりません。 写真は図録作成のために撮ったものですが…

続きを読む

11月企画/島田真平展のお知らせ

ギャラリー楓、1年ぶりの企画は島田真平さんです。 会期:11/23(土)~12/1(日)11:00AM~6:00PM 作家在廊:土、日、火、水 今回もささやかな図録を作っており、現在 入稿直前ですが、どのページも島田作品の美しい光と色があふれていて、早く楓のお客様方に見ていただきたくてたまりません。 自分の都合で1年間もギャラリーをお休みしていたのに、まったく…

続きを読む

嬉しいお知らせ

今年の秋の企画展、ガラス工芸家の島田真平さんが受けてくださいました。 島田さんの作品にずっと憧れていて私物でいくつか持っていましたが、その展覧会を楓でできるなんて夢のようです。 今日アトリエにお邪魔してきましたが、どの器もオブジェも美しくて、早く楓のお客様に見ていただきたくてたまりません。 画像は、アトリエで撮らせていただいたものです。 他にも…

続きを読む

残念なお知らせ

今年の秋の企画展のうち東耕平展を延期することにしました。 とても残念なんだけど、展覧会の中心に据えたかった「公園の龍」の作品が間に合いそうにないからです。 やはり公園と言うと公共のものなのでいろいろな事情がからみ、今回の決断となりました。 しかしあくまで延期で中止ではありませんので、また必ず企画することをお約束いたします。 画像は、雨の高砂ユリ。 続いて「嬉…

続きを読む

ほんわかと、秋の企画

せっかくの春分の日は雨になりましたが、庭では山桜が静かに満開の時期を迎えています。 山桜が咲いたのに誰も見ないのはもったいないなぁと思っていたら、常連のお客様が 『お花見に来たよ~』 と遊びに来てくださいました。 丁度あった干菓子とお茶で、一緒にお花見ができて嬉しかったです。 そんな中、ギャラリー楓では秋の企画を2本決めたところです…

続きを読む

年末のご挨拶

今年も回数少ない企画でしたが、それぞれの展覧会にお出でくださったお客様に心より感謝申し上げます。 本当にありがとうございました! 前半は、ながふちなほみ蟲刺繍展と内田明八木彫展を多くの方に見て頂き、また図録を作る事ができ、とても嬉しかったです。 秋の「小さい展覧会」では、久しく箱の中にしまっていた作品を飾り、その魅力に再び「あっ!」という気持ちを味わいました。 また古美術上村の古…

続きを読む

12月2日で

「小さい展覧会」は終了しました。 お出でくださった皆様、まことに有難うございました! 楓をはじめて11年、企画の予定が常に2年先まで入っている状態でしたが、2016年の地震以後それを止め、『次の展覧会』をもっと短いスパンで考えようとしており、今回の「小さい展覧会」はそのテストケースだったと言えます。 それがうまく行ったかどうかは不明ですが、大好きなお客様方に…

続きを読む

小さい展覧会、会場風景

華道家のK様が、岩田恒介さんの作品に白椿「初嵐」を添えてくださいました。 まぁ何てクールなんでしょう! みやまつともみさんの銅版画と古道具 野田竜太郎さんの銅版画と古道具 坂元桂介さんの木版画とガラス絵 なんだかとっても盛りだくさんですが、たまにはこういうのも楽しいです^…

続きを読む

いよいよ 11月

常連さんに、「11月23日から、小さい展覧会をするんですよ」と言うと、 『え、もう?』 と言う方や、『それって、やめるやめる詐欺では?』と仰る方など、反応いろいろです(笑)。 それで私もこれは何だろうかと考えて・・・ ギャラリー楓が冬眠を続けて、いざと言う時に動けなくなると困るので、軽くリハビリテーションをすると思っていただければ良いのではないかとの結論に達しました。 …

続きを読む

11月、小さい展覧会

フライヤーのデザインができました。 A4を二つ折りにして、A5が内・外で、中-見開きがA4(横)のデザインにしてみました。 画像は二つ折りの表紙になる部分です。 中村公子さんと二人三脚のフライヤー作り、じつはめっちゃ楽しいです。 そこを楽しんでいてどうする!と突っ込まれそうですが、こればかりは致し方ありません^^; 会期は11/23(金・祝)~1…

続きを読む

11月、小さい展覧会 のお知らせ

音楽だったら‘古美術上村フィーチャリング’で(笑)、小さい展覧会 を行います。 ギャラリー楓のストックヤードで眠っていた小さい作品のあれこれと、古美術上村でワイワイ♪漁ってきた楽しい道具類を一緒に並べます。 特定の作家さんの個展ではありませんので、企画展のナンバリングからは外して、ちょっと肩の力を抜いた展示になれば良いなと思っています。 期日は、11/23(金・祝)~12/…

続きを読む

野田竜太郎 ドローイング集

2007年の楓オープンの年から企画を続けてきた野田竜太郎さんのドローイング集です。 製作冊数がごくわずかで貴重なものを頂戴し、感激しています。 私一人で見るにはあまりにもったいなく、楓のブログで紹介する事を許可いただきましたので、少しばかり画像をUPします。 布張りのハードカバーを開くと、 野田ワールド全開です。 …

続きを読む

秋になったら~

残暑お見舞い申し上げます。 8月も終わりと言うのに、熊本は昨日も今日も猛暑日です。 ゲストの皆様には、暑すぎる夏にうんざりしておられる事と存じます。 熊本には藤崎宮のお祭りの日=随兵寒合(ずいびょうがんや)の言葉がありますが、すっかり秋らしくなるのには、その時まで待たなくちゃいけなんでしょうかね・・・。 でも秋は必ず来ますので、とにかくそこまで頑張りましょう! …

続きを読む

幸子さんのオブジェ

前回UPした「ふりつむ刻」で展示されたオブジェです。 楓の庭をバックに撮りました。 これもまた心を遠いところにつれて行ってくれるような、しんと静かな作品です。

続きを読む

「ふりつむ刻」

楓では2度インスタレーションをして頂いた田尻幸子さんの最新作の画像です。 橙書店のギャラリースペースで行われましたので、会場の様子を記録させてもらいます。 幸子さんの仕事はモノとしては残りませんが、その空間に入った人の心に深く残ります。 その表現は密やかでありながら、力強い。 …

続きを読む

展示作品-02

野田竜太郎さんの銅版画「螺旋考」 個人的に大好きな作品で、企画展をしていない時には必ずかけています。              

続きを読む

展示作品-01

岩田恒介さんの「源流」と、内田明八さんの「ハタ」。 双方の荒々しいマチエールが響きあって、迫力あるドラムセッションのようです。          

続きを読む

5月 (図録販売について)

内田展が終わり一か月がたちましたが、皆様、お元気にお過ごしのことと存じます。 楓のブログを見てくださって、ありがとうございます。 先日、楓の図録5種とも橙書店(ブックカフェ・オレンジ)に置いてもらいましたので、興味を持ってくださった方は、ぜひ遊びに行ってください! ■ 橙書店情報   住所:〒860-0017 熊本市中央区練兵町54 松田ビル2階  電…

続きを読む

企画展お休み中の営業形態につきまして

先般より書いてまいりましたように、第51回企画 内田明八展をひとつの区切りとして、企画画廊としてのギャラリー楓は一旦休眠期間に入らせて頂きますが、この空間は変わらずここにありますし、SERVE ショップとしての楓は継続致します。 店内のSERVE家具や常設作品など、こちらのブログで発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。 休眠に至る事情につきましては…

続きを読む

図録

昨年より続けてきた楓の図録発行がこの春で5冊になりました。 野田竜太郎、にしだみき、ハラダマホ×イシバシミキコ、ながふちなほみ、内田明八という5組の気鋭の作家さんたちの作品を以下のメンバーで小冊子の形にまとめました。  写 真   下曽山弓子  デザイン 中村公子  翻 訳   田尻幸子  編集発行 ギャラリー楓 終われば消えてしまう展覧会を、…

続きを読む

内田明八展、会場風景

楓では3度目となる内田明八展、好評のうちに無事終了しました。 会場の様子を記録します。 白い棚の上の作品は全て新作で、内田作品のリアリティに感動です。 2010年以降の大作も幾つか、展示しました。 壁の板絵は1980年頃のもので、(私たちにとっての)新発見でした。 庭側の部屋、チェスト上の新作-うつぼと…

続きを読む

かなぶんブローチ

前回の展示で好評だったかなぶんブローチを、ながふちさんが再度作ってくださいました。 予約を頂いた分は確保して、まだ少し余裕があります。 前回は無かった春らしいピンクやビビッドな赤、複雑に色が混じったものもあり、2個目をお買い求めになったお客様もおられます。 興味がおありの方は、内田明八展とともにご覧いただけますとありがたく存じます。      …

続きを読む

4月4日、夕方6時25分より

KAB・熊本朝日放送の「Jチャンネル熊本」で、内田展の様子と内田さんが木彫作品を制作しておられる様子などが放送予定です。 じつは前回のながふち展も取材があったのですが、当日放送で、関係各位への告知をする余裕がありませんでした。 その上、お店を閉めて後片付けしている間に見逃してしまって、すごくすごく残念でしたので、今度こそ録画予約して見逃さないようにしようと思ってい…

続きを読む

内田明八展、はじまりました。

土日と作家さんが在廊され、賑やかで楽しい2日間でした。 内田展の最終日は4月8日です。 会期中無休で、作家在廊日は 火、水、土、日 となっております。 画像は、新作のタチウオとウツボです。 内田明八の「彫り続ける」、迫力の展示をどうぞご覧ください。              

続きを読む

内田明八木彫展 「彫り続ける」

3月31日(土)より、内田明八展です。 最終日は4月8日(日)で、会期中無休、午前11時開場~6時閉店。 作家在廊は、土・日・火・水の6日間、1時から5時までとなっております。 2枚目の画像は大作の「ハタ」で、フライヤーとともに下曽山弓子さんの写真です。 これは楓をはじめたばかりの頃、県美展での出会いの作品。 突き出た大きな目と空間を泳いでいるようなヒレ…

続きを読む

熊日新聞とカナブンのブローチ

ながふちなほみ蟲刺繍展 虫の夢 はたくさんのお客様をお迎えし、好評のうちに終了致しました。 今回の展覧会は地元のお客様ももちろんたくさんお出でいただいたのですが、遠方から足を運んでくださった方が多くおられたのが印象的でした。 九州内の他県はもとより、名古屋や海外からのお客様までおられて、本当に驚きました。 ながふち作品の魅力と、作家さん本人のお人柄の良さゆえだなぁと思います。 初…

続きを読む